ストレート屋根の断熱・遮断・修理の「プロフェッショナル」 省エネ効果の高い屋根断熱・遮熱の重ね葺工事を追求 創業30年以上!工事施工件数600棟以上の実績と信頼 授業中でも工事ができます。 雨漏・補修・改造もおまかせください。

お問い合わせ

(有)建物リースセンター
愛知県春日井市岩野町1-49
電話(0568)84-6678
Fax(0568)84-0666

遮熱・断熱方法の比較


イメージ図
遮熱・断熱方法 特          徴
塗装 塗装による遮熱・断熱方法には、一般的な塗料を使用する方法と断熱塗料を使用する方法の2つがあります。
一般的な塗料を使用した場合は老朽化の防止が主な目的となり、塗装をすることで水捌けが良くなり泥などが付着しにくくなります。ただし、遮熱・断熱効果はほとんどありません。
断熱塗料を使用した場合は一般的な塗料を使用した場合と比較すると効果はありますが、期待したほど遮熱・断熱の効果は上がりません。
プラスターボード 遮音や断熱の効果はありますが、遮熱の効果は薄いです。
金属カバー
(ペフ付)
使用方法としては主に結露防止を目的としているため、遮熱・断熱効果はありません。
木毛セメント板 ある程度の遮熱・断熱効果は期待でき、結露防止効果もありますが、材料の重量があるため屋根に負担がかかります。
Wスレート
(スレート重ね葺)
Wスレートは旧スレートの上に新スレートを重ねるのですが、その間に断熱材(スタイロフォーム)を挟むことで非常に高い遮熱・断熱効果を発揮します。
また、断熱材は非常に軽いため屋根に負担がかからないのもメリットです。
【Wスレート特許出願中 No2011-97779】


Copyright (C) Building lease center All Rights Reserved.